サイズアップに必要な成分

男性の象徴であるペニスのサイズを増大させてくれるサプリメントは、いつの世も男性からの注目を集める商品ですよね。
しかし、改めて考えてみると、どうしてサプリメントを摂取することでペニスサイズを大きくすることができるのか、よく分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
サプリメントによるペニス増大のメカニズムとしては、主に2つの種類が存在しています。
それは、ペニスの内側から掛かる圧力を高めるメカニズムとペニスの細胞組織自体を拡張するメカニズムです。
まず1つめのペニスの内側から掛かる圧力を高めるメカニズムとは、ペニスの血管を拡張して流入する血液の量を増やすことを指します。
空気が多く入った風船が内部からの空気の圧力で大きく膨らむように、血液が多く流れ込んだペニスは大きく膨らむからです。
また、2つめのペニスの細胞組織自体を拡張するメカニズムとは、詳しく言うと、成長ホルモンや男性ホルモンの分泌を増やし、細胞の成長を促すことを指します。
人の身長が成長ホルモンや男性ホルモン分泌が盛んな時期によく成長するように、ペニスも身体にホルモンが満ちた状態だとよく育ちます。
実際に、ご赤ん坊の頃や幼年期の頃に比べて、10代の思春期の頃にペニスサイズが格段に良く成長したという実感を持っている方は多いでしょう。
ただ、ご存知のように成長ホルモンや男性ホルモンの分泌量は年齢を重ねていく内に減っていってしまいます。
ですから、思春期以降の大人がペニスサイズを増大させるためには、ホルモン分泌を増やす成分をサプリメントなどを活用して意図的に取り入れ、体内にホルモンを満ちさせる必要が出てくるのです。
一般に、前者のメカニズムに作用する成分としてはシトルリンが有力とされ、後者のメカニズムに作用する成分としてはアルギニンが有力とされています。
どちらもペニス増大サプリメントには必ずと言って良いほど配合されている成分です。
この他、トリプトファンやマカ、サポニンや亜鉛などもペニスサイズをアップさせるのに役立つ成分として知られています。
多くの成分が配合されていればそれだけ相乗効果が発揮されやすくなるため、サプリメントを選ぶ際には、配合成分の種類の豊富さに着目してみるのも良いでしょう。

カレンダー

2017年7月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031